差別だレイシストだと言論弾圧を平気で立ち向かう人達が日本で増えている

本日、全国において特定の自身に対する言論弾圧が行われている。先の都知事選に立候補して11万票を獲得した桜井誠氏に対して、ラジオやカレッジの講演会への演技が売り出しされると、一斉に物言いの所感をあげ、これらのセレモニーのストップに追い込まれました。桜井氏といえば元在特会の会長であり、在日特権に関するジレンマ提起などを行っているコーポレイトシステムですが、その過激な態度が社会問題化されリベラル部類は勿論、マネジメント部類からも否定的な意見を出るなど物議を醸している。

でも都内都知事選でマスコミが一時払い度外視わたるも11万票という得票をあげて一躍着目を浴びる位置づけとなりました。これまで以上にニックネームが知ら通り抜けることになった桜井氏に対してつまらないのが左翼勢力です。都知事選先、いくつかのおしゃべりやセレモニーに呼ばれる桜井氏に対して「レイシストを呼ぶな」「差別主義人を登壇させるな」と講評してストップに追い込んでいらっしゃる。

確かに桜井氏や在特会のメンバーの過激な態度に傷ついたという輩も要るかも知れません。ただしその判読の後ろにはこれまでの韓国や北朝鮮における日本への異常な反日スタンスへの反対が根底にあるからです。確かに口汚い声明は慎むべきかも知れませんが、ストレスされたらストレスし戻すのは当然とも言えます。その声明の端々をレイシストだ差別だというのは出来事の習性を捉えていないものなのです。

そういう障壁動きによってストップに追い込めば講評人は度を増して、これまで以上の障壁動きを行うことも予想されます。日本は民主主義国々であり、どんな人も言論の判読は守らなければなりません。ヘイトだ差別だと誤った正義を振りかざして言論を弾圧させる卑劣な動きをする自身は民主主義を否定する心配教え人であると言えます。こちらで割のいいバイトが紹介されています

差別だレイシストだと言論弾圧を平気で立ち向かう人達が日本で増えている